アンチョビ焦がしバターソース(ブール・ノワゼットソース)

焦がしバターソースの正しい作り方

今回は簡単にできて、子供から大人まで万人ウケするソース「焦がしバターソース」を作っていきます。

フレンチや洋食でも良く使われるソースで、フレンチでは(ブール・ノワゼット)と言います。

「ブール」はバターのことで、「ノワゼット」とはヘーゼルナッツのことでヘーゼルナッツ色をしたバターのソースということ。

焦がしバターソースは一見簡単に思われがちですが、「作り方」「タイミング」を間違うと全く別物になって美味しくなくなってしまいます。

少しでも焦がしすぎると苦くなってしまいますし、かといって焦がしが足りないとバターの重たいもったりとしたソースになってしまいます。ぜひ動画を見てタイミングをしっかりマスターしてください!

 

基本はアンチョビは入れないのですが、僕は大体入れています。(ソースをかける料理にもよりますが・・)

コクと香りが増し美味しく仕上がりますよ!

 

焦がしバターソースといえばよくサーモンのムニエルで使われますが、魚以外にも鶏肉や焼き野菜、白子なども相性は抜群です!

またアンチョビの代わりにお醤油を入れたり、塩にしたり、お好みで香草やビネガー、刻んだネギやトマトを入れてもとっても美味しく仕上がります。色々アレンジが効くので、ぜひオリジナルのノワゼットソースを試してみてください。

 

材料・調味料 分量 備考
無塩バター  100g
アンチョビペースト 10g
レモン汁 1/2個分
パセリ 小さじ1/2

動画はこちら

〈作り方〉

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-17-34-29

1, パセリは刻んでおく。小鍋にバターを入れ弱火にかける。

常に鍋を揺すりながら加熱していくこと。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-17-35-03

2, バターが加熱され最初は大きな泡が立つ。だんだんと泡が小さくなり少しずつ色がつき始める。そしたらアンチョビを加え鍋をゆすってよく混ぜバターが茶褐色になったらレモン汁を加える。最後にパセリを加えて完成。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-17-35-47
レモンを入れるタイミングがとても重要!!

焦がしバターソースはタイミングがとっても重要です!

焦がしすぎると苦いし、ちゃんと焦がせていないとただの溶けたバターみたいでとても重いソースになってしまいます。

ぜひ動画を見てタイミングを覚えてから実践して見てください!

焦がしバターソースは完成したらすぐに料理にかけ、温かいうちに食べましょう!

楽天売れ筋人気グッズ!