牡蠣のトマトパスタの作り方

牡蠣のトマトソースパスタ

今回は旬の牡蠣を使ってパスタを作りたいと思います。

牡蠣のパスタだとクリームソース系のものが多いですが、個人的には牡蠣のパスタはトマトベースのソースの方が好きです。

%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b9

牡蠣はとてもクリーミーなのでクリーム系のソースだと、最初はいいのですが一皿だと重くて飽きが来てしまう。

トマト系のソースだと牡蠣の濃厚さと、トマトの酸味で飽きのこないバランスの良いパスタに仕上がります。

ぜひチャレンジしてみてください!

%e7%89%a1%e8%a0%a3

牡蠣を使った料理で特に気をつけることは、「加熱具合」

「生だとダメだから、しっかり加熱しなくちゃ!」とつい加熱しすぎると、牡蠣のジューシーさや食感、旨味も抜けてしまうので注意しましょう。

ke-ta
※ですが生はダメですよ

〈材料〉2人前

材料・調味料 分量 備考
牡蠣 180g 水でさっと洗い水気を拭き取っておく
薄力粉 少々
スパゲティ 160g
EXVオリーブオイル 大さじ3
ブラックオリーブ(種無し) 5粒  5mm幅にスライス
アンチョビペースト 5g
 にんにく  1片  4等分にしておく
 しめじ  1/2パック  手で裂く
トマトソース 200g 作り方はこちら(市販のものまたはホールトマトでもOK)
イタリアンパセリ 適量 みじん切り

〈作り方動画はこちら〉

〈作り方〉

kakipasuta

1, フライパンにオリーブオイル、厚めにスライスしたにんにくを入れ弱火にかける。牡蠣に塩胡椒を軽く振り下味をつけ、小麦粉を軽くまぶし余分な粉ははたく。にんにくの香りがオイルに移ったらにんにくは取り出し牡蠣を入れ、強火で表面にこんがり綺麗な焼き色がつくように焼きパットなどに取り出す。

牡蠣の焼き過ぎに注意。最後にまた加熱するのでここでは完全に火を入れません。
kakipasuta2

2, 1のフライパンを中火にかけ、しめじを入れ1分ほど炒めそこにアンチョビ、オリーブ、を加え30秒ほど炒めたらトマトソースを入れ沸騰したら弱火にし1~2分ほど煮込む。別鍋に1.2%の塩を加えた水を沸かし、パスタを1分半ほど短めに茹でる。

ke-ta
トマトソースがない場合はホールトマト缶でもOKですよ。ただ水分が多いので10分ぐらいゆっくり煮込んで煮詰めてくださいね。
kakipasuta3

3, 一度ソースの味見をし、塩胡椒で調整し1の牡蠣をパットにエキスも一緒に戻し入れ一度沸騰したら火を止める。茹で上がったパスタをフライパンに入れよく混ぜお皿に盛り付けイタリアンパセリを散らして完成。

ke-ta
ソースが煮詰まり過ぎだったら茹で汁で濃度を調整しますが、塩が入っているので塩分が濃くなりすぎるようならお水でのばしてね。
c0003t01

ke-ta
この料理に合うおすすめワインはこちら!

リブランディ・チロ・ロッソ・クラッシコ

カラブリア州で最も古いブドウ品種[ガリオッポ]種100%から造られた味わいは、南イタリアの濃厚ベリーにスパイスの香りが広がり、さらに太陽燦々の中、しっかりとしたタンニンと芳醇な果実味が口の中に広がり、その味わいバランスといい、エレガントな雰囲気といい、コスパ最強です。

楽天売れ筋人気グッズ!